Tag Archives: 基本情報技術者

 

未経験で転職 IT系に就職しよう

未経験可といった求人募集は多い。もし、転職先に IT系に進みたいと考えている方は、就職活動と並行し基本情報技術者の資格について勉強することをお勧めする。
この資格は経済産業大臣が行う国家試験で、主としてプログラマ向けの資格で、大学の情報系ではよく取得必須とされている。
試験自体がシステム開発者・利用者双方を想定したものであるため、顧客層もその程度の知識を備えている事があり有用といえるだろう。
また、エンジニアの基礎知識のベースとなる知識を得ることができるため、将来のステップアップに繋がる。

採用後は研修をしっかりやってくれる企業が多いため、その上で取得するのもいいかもしれない。
企業にとって未経験者を採用するということは、独自のカラーで働いてもらえるので、業務が円滑に進めやすいというメリットがある。
具体的には、企業によってプログラミングに適用する言語が異なったり、設計するうえでのポリシーや癖がある。
未経験者はこれらの前知識が無いことから、採用された企業のカラーを基盤とするので、それによって作成されたプログラムが後々他者でも管理しやすい、作成段階でも意見の方向性をまとめやすいといったことなどがある。

また異業種の経験しか無くても、法務や人事、医療などの専門的な経験があれば、システム開発の現場でそれが役立つこともある。
専門職の経験があると何が必要なのかをよく理解しているため、複数企業と競うプレゼンにおいても、作成段階での実用性の面でも、有利に働きやすいのだ。
初心者がIT系に転職することは、給与を貰いながらスキルを身に着けられるだけでなく、企業と双方にメリットがあるのだ。